キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

2009年01月

油山

福岡市民の憩いの場、油山を歩いてきました。

しかしデジカメは電池切れ、そして木々があって山頂の眺望はイマイチ、しかもオジサンが山端会議…

帰りはハンディGPSを頼りに沢沿いをショートカット

あんまり楽しくなかったかも…

強いて挙げれば下山後、原付で舗装林道をエンジンオフ&ニュートラルで惰性走行したのが面白かった。

自転車みたいに走るのですが、ペダルが無いのでモドカシイ!

漕ぎたい!漕ぎたい!!

でも、こういうことができるのもMT車のYB−1だからこそ。
原付スクーターなんて買わなくて良かったです。

自転車区間もGPS付けときゃよかったなぁ…
荒平山・油山

給油問題

私がメインで利用するスタンドは、土日に給油するとリッター2円引きのサービスがある。

残量が少なかったけど、ギリギリまで我慢して土曜日に行くと、元のガソリン価格が105円に値上がりしていた。

リッター2円引きしても、前の値段のが安かったなぁ…後悔。。


自転車しか乗らなかった時は、ガソリンの値段なんて気にしたことなかったけど
(暫定税率・高騰時のぞく)
最近は街のガソリンスタンドの値段看板が目に付いてしようがない。

自転車から原付の目線になったことで、同じ景色を見てもそこから汲み取ろうとする情報やモノの見方がまったく変わっていることに驚く。

同じ自分でさえ、こんなに違うのだから、自分と他人の違いってどれほどなのだろう…


YB−1燃費 [49.3km/L]
(どこで給油しても満タンで10円くらいしか変わんないんですけどねw)

難所ヶ滝、再び。

この冬一番(になると思われる)寒波が襲来し、宇美町の滝もさぞ凍っているだろう。
平日の雨降り。誰もいない山を満喫しよう。

と、思ったのですが、皆さんヒマ人ですねぇ〜。
平日駐車場

でもそんなに人がいる訳ではないので、気持ちがよい。

今日は一人なので自分のペースで登っていく。

雪道1

めんたいワイド(テレビ番組)のロケハン隊がいました。大変ねぇ。

雪道2

足元がおぼつかないので、アイゼン装着。

雪道3

だんだんと日常から非日常の世界へ。雨は雪へと変わる…
(九州の人間にとって雪は特別な物です)

雪の世界

冬の山は無音 (自分の靴音と、木々から時々落ちる雪の音しかしない)

とっても静か。雪が音を吸収するのかなぁ。

イマイチな滝
ご覧の通り、滝は「…。」でしたが、穏やかで爽やかな時間を過ごせました。



★ダウンジャケットでミニスカートを履く女性を見ると「?」と思う私ですが、
ファッションチェック


…登っているとだんだん暑くなってくるのです。

ウエパー in 北九州

メディアドームで開催される「競輪祭」の中で開催されるウエムラパーツの即売会に
父が行くと云うのでコバンザメしました。

大雪の影響で昼過ぎになりましたが、無事到着。。メディアドーム


中に入ると広ーい空間。(当たり前か…)
ショープロレス(ドラゴンゲート?)も開催されていてオモロ〜でしたメディアドーム内


奥へ進むと、、


ウエムラパーツ即売会場


バーゲンや催事場に群がるお嬢さんたちの気持ち。

わかりますわかります。テンション上がります。


ただし、元々欲しい自転車グッズが無かったので物欲神は起きませんでした。

ホッ。


今日のお買い物。スタンド・タイヤ・レーパン。
ウエパー購入品


もうちょっと近くで開催されるとウレシイ (贅沢?)

YB−1カスタムる。

かねてからの懸案であった「Fスプロケ1丁上げ」をYB−1に施しました。

(バイク屋さんにお願いしただけなのですけどねw)

低速仕様のギアが改善されて、とても乗り易くなりました。
でも、私は運転がド下手なので発進エンストの回数が明らかに増えました。

ですので、私にとって「乗り易くなった」と云えるのかちょっと微妙です…orz



プラス、バイク屋さんにキャリアも取り付けてもらいました。
(もともとは荷台の付いたシブイ原付の購入を検討していました)

雰囲気を壊さず、なかなかオサレーな感じに仕上がっているように思います。

耐荷重だって3キロです(藁

カブなどの荷台と比べると見た目・実力ともチャラいですが、
きっと役に立ってくれることでしょう。

だって6000円もしたんだから! (本音)


★取り付けにはウィンカー(通称いよかん)の移動が必要になります
YB−1キャリア

風邪

半年くらい前に買って、まだ一度も使ってない寝袋があった。
5000円の化繊の安物だが、実力を試そうと使ってみることにした。

布団の上に敷いて潜り込んでみたけどカンジ出ないから窓フルオープンで寝た。
そんなに寒くはなかったけど、ちょうど寒気が来ていて空気が鋭く尖がっていた。

翌朝、のど痛い痛い。
しかも、その後に凍る滝を見に行ってこじらせて寝込んでしまった。

よく考えたら俺は今、健康保険未加入だった。
よく考えなくても今、医療費全額自己負担なのだ。

危ない、危ないw

小学生の頃、冒険家アムンゼンの伝記を読んでちょっと感動した俺。
出来ることからやろうと思い、冬なのに窓を開けて寝た。

(アムンゼンも子供の頃、窓を開けて寝ていたのだ)

でも俺はアムンゼンじゃないのでやっぱり風邪をひいた(1日で挫折)

ちょっと懐かしいエピソードを思い出しつつ、変わってねぇなぁ俺。。

いや、むしろ下がってる俺。少なくともあの時は健康保険に入ってたはずorz

凍る滝

糟屋郡宇美町の難所ヶ滝に母と(犬と)一緒に行きました。

寒くなると凍る滝は人気がありたくさんの人が登って見に行きます(9割中高年)
なので登り口の「昭和の森」駐車場はほぼ満車でした。

道の途中からは雪が積もっていて、最後のほうはアイゼン(山登り用の後付スパイク)が無いとちょっと厳しいなと感じました(仮に登れても帰りがつらかろう…)

ゆっくり登って1時間半くらいで滝に到着。

思ったより凍ってなかったし、やっぱり人が多いのでガッカリと言うか、テンションだだ下がりというか、なんかモヤモヤな気持ちのまま帰路につきました…

滝の付近は寒かったのですが…
難所ヶ滝

寒中自転車サイクリング

take
糟屋郡須恵町の岳城です。インナー×ロー4km/h程度でゆっくり上りました。
もう少し行けそうだったので、さらに奥の若杉山方面に進みました。

miti
こんな風に快適に走れる所は少ないです。押押押押乗押押って感じ。

miti2
こんな風に快適に走れ…(しつこい?)何ヶ所か分岐がありましたが、精神の赴くままに進んだので覚えてません(標識は有)

sora
吹雪いてきました。

rin
林道に出てきてひと安心。
若杉山は展望が無いので、米の山に行くことにしました。

kome
…米の山も展望がありませんでした。持ってきた双眼鏡の出番なし。
ただ米の山が舗装されてからは来てなかったので良かったです。
岳城から2時間くらいかかりました。

shoes
<今日の反省>スニーカーはプア、グリップまるでなし。
フロントバッグは暴れる、リュックなら担ぎの時も肩が痛くなりづらい。でも楽しかった。

寒中原付ツーリング

miti
ブンブーン!やってきました。大分県宇佐市。

1go
当時海軍航空隊があり、飛行機の車庫が残っていると知り、やって来ました。
前の画像のまっすぐな道路は、昔滑走路だったところだそうです。

ike
爆弾池。大きいものは30mあったそうな。
こういうのを見ると平和っていいなと思います(見ないと思わないのか?)

souko
周辺は古墳群のようにポコポコと車庫がありました(裏から見ると円墳に見えた)
現在は倉庫などに民生利用されていて、ちょっとほっとします。

grobe
あまりに寒く手袋を買い直しました。だいぶ快適(でも寒い)

ao
耶馬溪方面にブンブンして「青の洞門」へ。岩からの落っこち死を目撃したお坊さんが岩を砕いて長い苦労の末トンネルを掘った場所です。

tonneru
実際に手で掘った部分が少し残っていました。下のほうノミの跡が有るような…

その後、日田市を抜け帰宅。走行232km。ちょっと疲れた。

YB−1燃費[45.1km/L] 地域によってガソリン20円以上も違いました。

新コンデジ

デジカメが壊れていたので、正月特価で新たに購入しました。

壊れたデジカメは10m防水、耐衝撃1.5mなどを謳うタフモデルでしたが調子コイて使っていたので1年半で逝ってしまいました。

4万以上したのだが…

色んな家電量販店の初売りをまわって「防水デジカメ2万ちょっと」で発見しましたが、操作性の悪さが改善されていなかったので買いませんでした。

選択肢を「防水」に限定するとほぼオリンパスorペンタックスです(泣


で、結局はフツーのデジカメを買いました。

ただ単3乾電池駆動モデルです。

普段から自転車ライトやハンディーGPS用に単3乾電池を持ち歩くので便利かなぁと思いまして…

サイズが大きいのは仕様上しようがないです。(期せずしてダジャレ)

乾電池使用コンデジ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ