キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

2009年03月

ペダル交換

使っていない父のペダルがあったので、無断無期限無償貸与してもらいました。
(パクるともいいます)

現在ペダルに「ハーフクリップ」というトゥークリップを簡易的にしたものを付けているのですが、カップが深すぎるため、土踏まずで漕ぐあまりよろしくないペダリングになっています。

交換するペダルは今使っているペダルより小さいので、拇指球ペダリングに近づくはずです。

まずはペダルをはずします。
ペダルをはずす

取り付けるペダルはロードモデルなのですが、街乗りMTBなので関係ないです。
新旧ペダル

ハーフクリップとリフレクターを移植して取り付け完了。
ペダル交換終了

理想のポジションまでには至りませんでしたが、交換前よりかなり漕ぎやすくなりました。
ミリ単位でここまで乗り心地が変わる自転車は、シビアというか繊細な乗り物だと改めて感じました。
自転車のポジションだけで1冊の本ができるのも納得です。

(一応説明しときます)拇指球というのは
拇指球の説明
長谷川町子先生おもしろいです。

福岡タワー

20周年記念で3月20日の春分の日に無料で登れるというので行ってきました。
福岡タワーと自転車


だが残念なことに
福岡タワーの行列
列の最後尾にいる警備員に聞くと1時間待との情報。
1時間待つパッションは僕には無いので、このために来たのですが断念しました。

その後フリーマーケットを見たりしましたが、風が強いので近くのTNCビルに避難的に入りました。

そうしたら偶然にもあのムラタセイサク君(とセイコちゃん)のイベントがこれから開催されるとのこと。ラッキ=☆
ムラタセイサク君ショー
後ろ〜のほうで見えなかったら嫌なので開始までしばし待って前のほうで見ました。

まずはムラタセイコちゃんのパフォーマンスムラタセイコちゃん

今はまだ前後にしか動けないのですが、左右にも動けるように現在練習中。
今回が九州初お披露目で、午前の部ではちょっと失敗しちゃったそうです。

このまま一生懸命ガンバるドジっ子の妹キャラ路線でいけば人気が出るかもしれません。


そして真打登場。ムラタセイサク君。

まずは微動だにしない完璧なスタンディングスティルを披露。
全く動かないから、逆にすごさを感じさせません。

それからゆっくりと走りだします。

ムラタセイサク君スタンディ


ムラタセイサク君背中

毎年バージョンアップしているそうでスティックでも操作が可能です。
ムラタセイサク君スティック

ウォーミングアップはこれくらいにして
ムラタセイサク君橋渡り

にわかに会場の緊張感が高まります。

ムラタセイサク君、内蔵カメラで確認しながら走ります。
ムラタセイサク君橋渡り2

後輪の位置も考えながらの走行です。
ムラタセイサク君橋渡り4

危なげなく最後まで渡りきりました。
ムラタセイサク君橋渡り5
それでも解説は続きます。


あと、セイサク君とセイコちゃんって実は…いとこ

お客さんも「兄妹じゃなかったの〜」みたいな感じになってました。

福岡ドームで家電即売会

福岡Yahoo!JAPANドームにタダで入れるというので、ヤマダ電機の
展示・販売イベントに自転車で行ってきました。(土日開催の土曜日のほう)
福岡ヤマダドーム

ドームが持つ独特の雰囲気が好きなのでスキあらば(というかタダならば)入りたいと、常々思っています。

中学生の時も、全く興味が無い即売会が入場無料で開催されると、(当時の…というか今でも皆そう呼ぶ)福岡ドームに自転車で行って見たりしていました。

タダ今回に関して云えば、タレントのステージショーがあったり、ジュースが飲めたり、グレードの高い無料イベントだったと思います。(コーラはぬるくて炭酸が抜けてぼんやりしていましたが)

しかも親からダイレクトメールを授かっていたので片岡鶴太郎の皿までゲット☆

細かいことを云えば、花粉症のこの時期にうれしいポケットティッシュも大量ゲット…。
(花粉症じゃないけど)

個人的に気になっていた、パナソニックの防水コンデジも触れたりできてよかったです。
(オリンパス・ペンタックスだけだった防水コンデジ界に新たな風が。)

結局1円も使いませんでしたが、おもしろかったです。



そして帰りに福岡タワー近くを走っているとポスターが、、
福岡タダー

「俺がタダを探しているのではなく、タダがオレを探して来るのだ…」
そんな感じでした。

ちょっとハードボイルドで、我ながらカッコいいなと思います。

なんたって通常大人800円が無料ですから…。

3月20日の春分の日は福岡タワーでしょうか。(別ウィンドウで福岡タワーのサイト)

メスティンとG−ストーブ

両者の存在を知った時から「イケんじゃないか」と思っていました。

ちょっと調べてみると…
「SOTOのG−STOVEはトランギアのメスティンにキッチリ入る」

おお〜。ネット万歳! どうやら定番の組み合わせのようです。

という訳で、トランギアのメスティン購入。
さっそく入れてみる。
袋ごとは入らない
サイズ的には丁度いいんだけど、メスティンの角が丸くなっているので、
あと少しっってところでダメ。

収納袋を外してみる。
袋を外せば入る
でもそのままだと傷が付くから別に袋を用意する必要がありますね。

とりあえずハンカチなどで包めばOKかな?


使用時を想定して、載せてみる。
ちょうどよいです


ところで使った後はどうするのでしょうか?洗ったり拭いたりして元に戻すのかなぁ。

YBでSLを見に

修理を終えた「SL人吉」が1日だけ公開されるというので九州鉄道記念館に見に行って来ました。

ぼんやりした情報で向かったので、間違って門司駅に行ってしまいましたが、実際は門司港駅のところにあります。門司港レトロ地区を目指して行くと、たどり着くと思います。
九州鉄道記念館
(少し奥まった所に入り口がありました)

しばし列に並んでSL人吉とご対面。

おお〜。
SLカッコイイ
公園とかに置いてあるSLとは全然違う。

生きてます。
SL生きてます
エネルギー効率・スピード・運転労力・煙etc…消えていくのは必然だったSLですが、
カッコイイ。それだけで存在する意義が有ります。

煙が自分に向かってきてケムたくても許せちゃいます。
SLケムカッコイイ!!
SL煙を吐く
(※効果・効用は個人により差があります)

蒸気機関車が持つ存在感に圧倒されてか人々は近づきません。
遠巻きに見る

生きたSLはすごくスゴい。実際に目で見てそう思った。耳や鼻でも思った。
でも、その想いを共有する者がいない僕は一人ニヤニヤ半笑い。

観光列車なので車内も凝った造りでとてもよかったです。 (でも画像は無い)

おなかいっぱいSLを見た後は、レンガ造りの記念館施設へ。
レールの展示

犬釘。
犬釘
(レールを固定する釘だそうです)

特別に販売会をやっていたので、帰りに車内用路線図と手すりを購入。
車内路線図と手すり


使い道は、そのうちきっとたぶん思いつく気がするとおもいます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ