キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

2009年07月

メガネの上のサングラス

メガネを常用する私はサングラスの選択肢が限られます。
だからといって晴れた日にノーサングラスは正直きついです。

釣り具屋に行ったところ今までよりまともなデザインの
オーバーサングラスがあったので買ってみました。
オーバーサングラス

偏光レンズなのでガラス越しのドライバーの姿がはっきりと確認でき、
自転車の安全にも(少しは)役立つと思います。


肝心のメガネとの相性ですが、メタルフレームのものはほぼOK、
セルフレーム(プラスチックフレーム)はサングラスが浮いて駄目でした。

これは現物合わせするしかないと思います。

本当はオークリーやルディープロジェクトの
度付きサングラスが欲しいのですが。(高い…)

ドリンクホルダー

▼自転車にはフツーの装備なので原付にも付けてみました。
ドリンクホルダー
(でもサイクルボトルを差したらキツキツでした。)

ところで僕の中ではドリンクホルダーって
「ビッグスクーターに乗っている人が付ける」っていうイメージがあります。
もしかしたらビクスク以外に付けるとおかしな物なのでしょうか?


(最近ちょこ乗りしかしてないからホルダーの出番がないかも…。)


YB-1 FOUR燃費 [40.6km/l]

ロードバイクで山登り

ツール・ド・フランスでの日本人の活躍に触発されて、
ロードバイクに乗ることにしました。

九千部山に行こうと思ったのですが、自分の登坂があまりに貧弱で貧弱で…。
キツイし面白くもないので山頂まであと5kmのところで引き返しました(泣

ロードバイクにはMTBみたいな卑怯な低速ギアが装備されてないので
頑張って踏まないと登れないのがツライです。
(いいわけですね。。)

それと強い前傾姿勢で首が痛い!
(他人より頭がでかく重たいから?)

…そして今日もコケる。
大博多立ちゴケ
下りから鋭角に曲がって登り始める場所です。
この時、重たいアウター×トップのままだったので失速しての立ちゴケ。
ビンディングの固定力弱めにしているんですがヤッてしまいました。

ただコケるのは相当に上手かったです。クルリンパ
(誰も見ていなかったのが残念です。)

ロードバイクは(いい意味での)ぼんやり感が少なく、自分に合わないと思っていますが、乗り馴れれば面白さが分かってくると思うので、
ときどき乗っていきたいなと思います。

とりあえずポジションを見直してみますかねぇ。

原付補修

だいぶ前の話ですが、停車時うっかり滑ってちょっとコケて
ウィンカーを曲げてしまいました。
補修前
曲がっているのは、ウィンカーとライトを取り付けているステーです。
ちょっとリペアしてみます。
板をクランプではさんで曲げ
かまぼこ板で挟んで曲げる。以上。
補修後
ンなんかまだ曲がってる。(まぁいいか)

それと曲げたとこ塗装が剥げて錆びてやがる。
車体が茶色だから違和感はないけどどうしたもんだか。

サイクルボトルのかびるんるん

手軽に水分補給できるので、普段の生活でも自転車用のボトルを使っています。

ある時、水の味が(かなり)変だなと思ったのですが、
吐き出せる状況じゃなかったので、そのまま飲み込みました。
(ある時って書いたけど昨日のことです)

その後、ボトルを開けて指で確認すると内側がヌルッヌルしていました。
ヌルヌルじゃなくてヌルッヌルです。こすっても簡単に取れない。

匂いを嗅いでみると、閉めっぱなしの6月の押入れの奥のにおいでした。
あるいは陽の当たらない築40年の仏間の畳を剥いだときのにおい。ボェー。

使っても使ってもすすぐだけだったので、
知らず知らずにカビを育てていたようです。

水しか入れないボトルなので油断していましたが、直接口にするものなので、
たまにはきちんと洗おうと深く思いました。


もしも、、
胃の中のカビ
(胃の中が心配の一句。というか感想。)

ペダル分解

砂浜を自転車で走ったあとからペダルがガタつくようになりました。
ペダルを回すたびガタガタと足に伝わってきて不快です。
なめらかな走りは、自転車のカナメですね。

そのまま使っているとペダルが駄目になりそうなので、
グリスアップ&組み付けをすることにしました。

難しそうでしたが、自転車メンテ本で予習してから作業したので、
特に問題なくできました。

一番のポイントはペダルの中に入っている小さな鉄の玉をなくさないことです。

★片付いた部屋で作業するのがオススメ。
玉探し
(本によると普通11×2、計22個が使われているみたいです。)

今まで気付かなかったけど、反対のペダルも少しゴリゴリするから今度やろうかなぁ。

チューブ交換

タイヤがパンクしていました。

先週の砂浜サイクリングでタイヤ空気圧下げて走ったせいで、
チューブがずれていたので、そのせいかな?
と思って確認しましたが普通に穴が開いていました。

ただ穴が大きかったので、新品チューブに交換しました。

シュワルベのチューブはバルブキャップが透明でかっこいいです。
シュワルベの透明バルブキャップ
でも自転車と乗ってる人がかっこよk

…余談…
デジカメの修理がいつまで待ってもできないのでオリンパスに電話すると
「修理完了のお電話何度も差し上げたのですけれども…」とのこと。
…どうもすみませんでした。
そういうことでデジカメ復活しました!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ