キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

2011年04月

タイヤ交換

自転車のタイヤ交換しないといけないなぁ…。
と思い始めて2年が経ちました。

こんな感じになりました。
シュワルベランドクルーザー
こんなタイヤ使ってて「自転車が好きです」といわれてもねぇ…。みたいな。

どうでもいいけどYBRと同じチェンシン製造のタイヤでありました。

さて今回履くタイヤはシュワルベのランドクルーザーというタイヤ。
シュワルベランドクルーザー2
父がウィーグルで自転車パーツを注文するというので一緒に買ってもらいました。

ちなみにお値段1本1100円。安すぎてぐぅの音も出ません。ぐぅ。

センターリッジのパターンで舗装路もなかなか軽快に走れます。
シュワルベランドクルーザー3
街乗りMTBにはちょうど良い感じです。

新しいタイヤは走り心地がなんだかむちーっとしています。
以前原付のタイヤを交換したときは違いが分かりませんでしたけど自転車だとさすがに違いに気付きますね^^

博多駅行ってきた。

やっとこさリニューアルした博多駅に行って来ました。
自転車的な話だと2時間無料の駐輪場がうれしいですね^^

もちろん博多駅には自転車で出掛けました。
目的は東急ハンズ。ようこそ福岡へ!

楽しいですね東急ハンズ。
誰が行ってもどこかに楽しめるスポットがあるように思います。

東急ハンズでは自転車の形をしたクリップを買いました。
自転車クリップ1
なかなかシャレたケースに入っとります。わくわく。

ざばぁー。
自転車クリップ3
(ちなみに30個で525円也。)

クリップとして実際使うと若干残念(笑)
自転車クリップ2

残念といえば立体写真で使おうと持ってきてたネジをどこかに落としてしまいました。
デジカメ2台をフリーハンド同時押しで頑張りましたが確認すると立体視するにはビミョーな画像がほとんど。。(なのでボツ)

それに加え手袋とワイヤー錠もどこかに落としてきてしまいました。

なんだか色々落し物が多い日でした(^^;

立体写真

ものの本によると30年に1回くらい3Dブームがやってくるそうです。
(前回のブームは30年も前ではなかったと思いますが。)

同じデジカメが2個あれば3D写真が簡単に撮れるみたいなので父のデジカメ(私のものとほぼ同じ機種)を借りて試してみました。

まずは台座の作成。
カマボコ板に穴を開けてネジ(W1/4)でカメラを二つ並べて固定。
3Dマウント
真ん中の穴は三脚用に開けてみました。(今回使いませんでした。)

こんな感じに並べて固定。カメラひとつですが。
3Dマウント2
レンズとレンズの間隔はとりあえず8cmくらいにしてみました。

あとは二つのカメラのシャッターを同時に切るだけ。簡単です。

ただ写真を立体に見るには特別な見方をしなければなりません。
といってもぼんやりしてたら勝手に立体に見えるんですけどね。(私の場合)

立体視の見かた (Wiki)

今回は平行法での立体写真です。
画像クリックすると微妙にサイズが大きくなります。(が、あまり意味ないです。)

3Dバイク


3D駐輪場


3D太宰府


3D見下ろす家


3D四王寺2


3D四王寺1


3D四王寺


3D坂途中


3D階段


うまく見えないときはあまり無理しないほう良いかと思います。イライラして疲れますので。

カメラが1台しかなくても写真を撮った後少しずらしてもう一度撮れば(静止風景に限り)立体視用の写真が取れるそうですよ。うまく撮るのは少し難しいですけどね。

燃料キャップ

スクーターで帰宅してふと見ると燃料キャップが無くなっていました。
そこにあるはずのそれが無いと少し可笑しくて大変危険です。

その少し前に燃料キャップがパカッてなってたのでその後の走行で本格的に壊れて飛んでいったのだと思います。
(まさか飛んでいくとは思っていませんでしたが。)

もちろん危ないのですぐに注文しました。
ビーノ燃料キャップ
(ただし社外品です。)

破損の理由は不明ですが停めて置いた場所やガソリン残量的にイタズラではないです。

キャップの一部はタンクの中で見つかりました。
ビーノ燃料キャップ2
(ネジが外れてバラバラになったのかな?)

ちなみに今回燃料キャップとメインキー・メットインキーがセットになった商品を買いました。
ビーノ燃料キャップ3
でも自分で交換できるのか不明。とりあえずはキャップだけ別カギってことで使っていきます。

すでに現行に無い2stビーノですが人気があった車種だけに社外パーツが豊富で助かります。価格だって安いです。

欲を云えばもう少し早く壊れてくれれば先ごろ交換したタイヤも一緒に安く手に入ってよかったのだけれど。

3点セット買ったお店バイクパーツセンター(自分用メモ)

リハビリ的ライド

自転車が直ったので久々に乗ってきました。
宗像自転車お守り
陽は長いし気温もグッド最高の自転車日和でした。

久々なので坂道はなるべく避ける方向で。(元々坂嫌いだし…。)
宗像自転車お守り2
めざせ海沿い。

こりゃ困った。気持ちいい。楽しい。
宗像自転車お守り3
クルマが走れないのもグッド。

なんか腹減ったのでジョイフル。私のパワースポット。
宗像自転車お守り4
元気が出ます。(お腹が満たされて)

そんな感じで目的地到着。
宗像自転車お守り5
宗像大社です。

そして目的の品ゲット!
宗像自転車お守り6
ちなみにバイクお守りもありました。(ただし絵柄はスクーター)

裏道や路地・未舗装路など今まで知らなかったわくわくする所をたくさん走りました。
久々に自転車に乗って疲れたけど自転車の楽しさを再認識しました。

自転車って楽しい!

ビーノタイヤ交換

リアタイヤの溝が無くなってきたのでタイヤ交換に挑戦してみました。
(私のスクーターじゃないんですけどね…。)

まずマフラーを外す。割と簡単に外れました。
ビーノタイヤ1
さびさび。

ホイールを外すのは難儀しました。ナットをちょっとナメてしまいました。
ビーノタイヤ2
(メガネレンチを買いに走りました。22mm。)

タイヤを外すのも難儀しました。
ビーノタイヤ3
(タイヤは頑固で意地悪です。)

ビードを落とすのにも一苦労しました。
ビーノタイヤ4
踏んづけても全然落ちなかったです。

万力やクランプで挟んで落とす方法もあるようなので
もし今度挑戦する時は試してみたいです。

一方タイヤの取り付けは割とスムーズでした。
ビードワックスをタイヤ・ホイール・タイヤレバーに塗りたくったのが良かったのかもしれません。もしくはハメやすいタイヤだったとか。
でもあくまで外す時との比較の話で大変は大変でした。

最後にビード出しですがコンプレッサーなしでも上がりました。
ビーノタイヤ5
タイヤを回しながらポンポンはずませてホイールと馴染ませた後タイダウンベルトで締めて空気をシュコシュコーと入れたらパンパンとあっけなく出ました。

ちなみにこの時バルブの虫は抜いて空気を入れました。
(ちなみにちなみにYBR125Kのバルブキャップは虫回しになっています。)

タイダウンがよかったのかビードワックスがよかったのか10インチの小さなタイヤがよかったのか分かりませんがガソリンスタンドまで行かなくて済んだのでよかったです。

あとは逆の手順で組み付けました。

今回履いたタイヤ。ビーラバー80/90-10。(自分メモ)
ビーノタイヤ6
店頭価格2200円ほどでした。

正直しばらくはタイヤ交換したくないです。でもしばらくはタイヤ交換しないと思うので次回も機会があれば自分でしようと思います。

ホームページやブログでやり方を詳細に書いてくださった方々のおかげで今回やりとげることができました。(←大袈裟。)ありがとうございました。ぺこり。

7→8速化

後ろ7速の自転車を8速化しました。
8速化
(作業風景。)

8速化したかったというより結果的に8速化した…という感じです。

さかのぼること1月下旬。
8速化2
チェーンにスソ留めを巻き込んでしまいディレイラー(変速機)を壊してしまいました。

それだけなら良かったのですがディレイラーを取りつけるディレイラーエンドもかなり曲がってしまいました。

なので修正。
8速化3
だけどここで失態。
ディレイラーを外して元に戻したものだからネジ穴が変形してしまいました。

〜たび重なる自分の馬鹿さ加減に心が折れここから2ヶ月放置〜

自転車の代わりは原付が担ってくれましたが自転車乗りたいよ〜ってなってきたので重い腰を上げました。

んで、8速化。
8速化4
流れとしては、
ディレイラーエンドを温め直して無理やりディレイラー(中古購入)を取り付け。

試しに乗るとチェーンがねじれて使えないので新品交換。

だが新品チェーンと使い倒したスプロケット(歯車)の相性が合わず歯飛びしまくり。

手持ちに8速スプロケがあったので8速化決定。

8/9速用ホイール(中古)を購入し8速スプロケ取り付け8速化完了。

ちなみにシフター(手元側変速機)は7速用のままです。
旧式のサムシフターなのでインデックス変速(カチッカチッて変速するやつ)こそ使えなくなりましたがそのまま流用できました。

サムシフターは頑丈だしレバーの位置でギアポジションが直感的に分かるので街乗りで使う分には現行のシフターより優れている様に思います。

暖かくなってきたしリハビリライドをボチボチやっていきたいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ