キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

2013年07月

オイル交換

YBRのエンジンオイルを交換。

最近エンジンを回した時の滑らかさが無くなった気がしていました。
2013オイル交換
交換後2500km程の走行です。

前回の交換おそらく2年近く前。替え時をしっかり越えていました。。

交換するのはヤマルーブ・スポーツというオイルです。
2013オイル交換  (2)
一番安いベーシックで良かったけどネットではほとんど値段差がなかったので。

今回ドレンボルトをマグネット付きの物に交換してみます。
2013オイル交換  (3)
磁力でオイルの中の鉄粉をくっつける目的です。
うっかり廃オイルにボルトを落とした時に磁力で簡単にレスキューできる効果も。

カッコいいアルミ製もあったけど締め付けに気を使うそうなので鉄にしました。
2013オイル交換  (4)
側面に穴があってワイヤーを通してボルトが外れないように処置できます。
(レースとかでするらしい。)

純正のドレンボルト。17mmくらい。
2013オイル交換  (6)

12mmくらい。
2013オイル交換  (5)

12mmくらい。
2013オイル交換  (7)
(私が測ったので多少間違っているかもしれません。)

オイル交換後のフィーリングは…乗ってないので分かりません。(←乗れ。)

いぬなき峠

===============================
生来のサボり癖でブログを放置しています。すみません。
書いていた方がよいことがチョイチョイあるのですが…メンドくさいw

ブログを書いてアップロードしてない話があったので上げてみます。
季節感まるでなしですが。。。(今年3月の話のようです。)
===============================



地図を見ていてトンネルを使わずに越えられそうだなと思っていました。
寒くなったら一度行ってみようと思っていました。…寒いの終わってまうやん!

ということで行ってきました。

途中の畑にて。
いぬなき峠
色や空気は春そのもの。空が霞むぜ!

★空き缶を投げつけられてテヘ顔の猿。
いぬなき峠 (2)
(もう少し怒ったほうがいいと思うよ。)

そんな感じに春を道草しつつ峠へ。
いぬなき峠 (3)

鉱山跡でしょうか?
いぬなき峠 (4)

そして立ちゴケ。
いぬなき峠 (5)
飛び散ったボトルの水がリアル。本格的自転車乗りにはなれません。。

コギコギ。
いぬなき峠 (6)
クルマが多いので精神的に疲れまする。

トンネル入り口に到着。
いぬなき峠 (7)
画像下部に写り込んでいるのはレンズカバーです。(念のため。)

新トンネル。
いぬなき峠 (8)
このトンネルを自転車で通ったことはありません。

トンネル内で大型車にスレスレを抜かれるのは超怖いのです。

余談ですが以前乗っていた原付YB-1 FOURも登り勾配のコチラ福岡側からは自主的に通行禁止にしていました。(失速してスピードが出なくて危ないor迷惑なので。)

このトンネルを使わずに越えられるなら今後使えるルートになるかもと思ったのが今回のきっかけ。

で、迂回します。

やんちゃな人が落書きしてます。
いぬなき峠 (9)
〇〇命〇〇参上が定型ですね。

驚愕の事実。
いぬなき峠 (10)
行くか帰るか。(トンネル通過はない。)

…行ってみます。

以前来た時には壊されていた旧トンネルへのゲートも綺麗になっていました。
いぬなき峠 (11)
旧トンネルはコンクリートで塞がれて通過できないので用はありません。

こぎこぎ。
いぬなき峠 (12)
(あ、メーターの電池替えなきゃ。。)

耕作されてない田畑が目立つ限界集落です。
いぬなき峠 (13)

GPSに従って左に曲がります。
いぬなき峠 (14)
事前にルートをGPSにダウンロードしていなかったら見逃していました。
いぬなき峠 (15)
本当にこっちでいいのかなぁ。。うーん。
いぬなき峠 (16)
という感じ。
いぬなき峠 (17)
でもそこを抜けると道っぽい感じに。
いぬなき峠 (18)
あぁ道だ。
いぬなき峠 (19)
道だ。
いぬなき峠 (20)
↑ここが一番高いところ↓
いぬなき峠 (21)
休猟区 S65.11.14まで…。
いぬなき峠 (22)

てくてく。
いぬなき峠 (23)
乗れそうでも用心して基本歩きで。

一か所だけ木がいっぱい倒れている個所がありました。
いぬなき峠 (24)
くぐったりまたいだり何だかアスレチックちっくでした。

看板によるとこっちが猫峠で。
いぬなき峠 (25)
こっちが旧峠。
いぬなき峠 (26)
気になりますがスルーします。

てくてく。
いぬなき峠 (27)

舗装路だ。
いぬなき峠 (28)

カッコいい先っちょです。林業用でしょうか?
いぬなき峠 (29)

下るのが正しいルートだったのですが気になったので登ります。
いぬなき峠 (30)
…後悔しました。キツかったので。休憩しながらトボトボと。

今日の装備。
いぬなき峠 (31)
予備電池の充電を忘れていたのでソーラー充電しながら。

空が開けてきてもうすぐ最高部。
いぬなき峠 (32)

そこには鉄塔が。
いぬなき峠 (33)
大きくて電圧も高そうです。
いぬなき峠 (34)
カメラのスイングパノラマという機能ですがブログに貼りやすいので縦構図で使うことが多い気がします。

下から。
いぬなき峠 (35)
下から。
いぬなき峠 (36)

そこからは魅惑的な鉄塔保線路が伸びる。
いぬなき峠 (37)
帰路的にここを通るのが最短ルート(だと思うの)です。

でも下調べしてないので登ってきた道をそのまま下ります。
いぬなき峠 (38)
さらば位置エネルギー。

途中キレイな水があったので。
いぬなき峠 (39)
防水コンデジを浸けてみました。
いぬなき峠 (40)
2年以上使っていますが初めて水没させました。

直後に撮った画像は自動でソフトフォーカスに。
いぬなき峠 (41)

さらに下ります。

宮若側の旧トンネルの入り口はルート上なのですね。
いぬなき峠 (42)
トンネル内部はポタポタ落ちる水が反響していました。
いぬなき峠 (43)
何となく水琴窟を連想させる音でした。

自転車はけっこう汚れてしまいましたね。
いぬなき峠 (44)
汚れちまった悲しみに。(…いや悲しくはない。)

ズボンは水玉模様だ。
いぬなき峠 (45)
(文字通り。)

そんな感じでトンネルを使わずに峠を越えることができましたヽ(^∀^)ノ
いぬなき峠 (46)
でもトンネル迂回路として使えるルートかといえば…うーん。

自転車なら交通量の少ない近隣の猫峠を越えるのが良いのではないかと思います。
(当たり前な結論ですみません。)


ダム。
いぬなき峠 (47)

先ほどまでいた鉄塔は左(だと思う。)
いぬなき峠 (48)

さらにダム下流の川まで下りました。
いぬなき峠 (49)

太った犬がいました。
いぬなき峠 (50)
近づいてきました。
いぬなき峠 (51)
略して太犬。
いぬなき峠 (52)
バイバイ。またね。

遊んでばかりいるわけにもいかず下った分は登らなければいけません。
いぬなき峠 (53)
(いや遊んではいるのですが。)

ぐぬぬきつい。
いぬなき峠 (54)
ただ私の良いところは坂で脚を付くことに何の躊躇もないことです。
休み休み帰りました。

★トンネル〜トンネル(GPSのログがキレイに取れていませんが。)

より大きな地図で いぬなき峠 を表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ