街乗りMTBのシフトが重い

古い自転車で最近見ないサムシフターなのですがサム(親指)で押せないくらい重い

インナーケーブル(ワイヤーのことです)をはずして見るとやっぱりサビが出ていました

本来交換するんでしょうが手持ちがないのでワイヤーにはグリスをヌリヌリしてシフター(シフトレバー)とディレイラー(変速機)の可動部にはスプレー式のグリスをシューっとしました

ついでに変速の調整をやって試走…

♪カ・イ・カ・ン

意味なく変速したくなるほどシフトは軽くてビシビシ決まる
古い上に低グレードコンポの「アルタス」ですがまだまだ現役バリバリです

素人でも簡単に手を入れられてその結果がよく分かるというのも自転車の魅力のひとつですね

ただこのメンテ中に嫌なものを発見しちゃいました…
キズ全体キズが…


キズシートステーシートステーに


キズダウンチューブダウンチューブにも


キズフロントフォークフロントフォークにもっ



等直線上に地肌にまで至る深いキズがつけられてます…

イタズラっぽい傷ではないのですがこれが街乗り自転車の運命(サダメ)なんでしょうか?

クロモリフレーム(鉄)やけんサビろぅもん


こんぢくしょー!ごらぁあぁぁぁ!!!