使っていない父のペダルがあったので、無断無期限無償貸与してもらいました。
(パクるともいいます)

現在ペダルに「ハーフクリップ」というトゥークリップを簡易的にしたものを付けているのですが、カップが深すぎるため、土踏まずで漕ぐあまりよろしくないペダリングになっています。

交換するペダルは今使っているペダルより小さいので、拇指球ペダリングに近づくはずです。

まずはペダルをはずします。
ペダルをはずす

取り付けるペダルはロードモデルなのですが、街乗りMTBなので関係ないです。
新旧ペダル

ハーフクリップとリフレクターを移植して取り付け完了。
ペダル交換終了

理想のポジションまでには至りませんでしたが、交換前よりかなり漕ぎやすくなりました。
ミリ単位でここまで乗り心地が変わる自転車は、シビアというか繊細な乗り物だと改めて感じました。
自転車のポジションだけで1冊の本ができるのも納得です。

(一応説明しときます)拇指球というのは
拇指球の説明
長谷川町子先生おもしろいです。