先週、釣りに行って海に落ちました。

それ自体はまぁ楽しい出来事なのですが、一緒にデジカメも水没させてしまいました。

濡れている状態で電源を入れると回路がショートする恐れがあるので、電池だけ抜いてそのまま数日間乾燥させる、何も触らない処置を施しました。
が、ウンともスンとも(正確にはウィ〜ン)ともいいません。つまりもう動きませんということだと思います。

数年か前に親のデジカメを濡らした時は復活したので、(自転車ごと小池に落ちた)今回も…と思っていましたが、海水と淡水ではダメージが違うのでしょうね。

デジカメを買うとき「今度はいつまでもつかなぁ…」とぼんやり思ったのですが、まさかこんなに早く解るとは思いませんでした。

”早く解るということが、いつもいいとは限らない”
口に出して言いながら、妙に納得しています。