YB−1で初の九州脱出をしました。
まずはトンネルを使って本州へ。

YB−1は原付なので関門人道トンネルを使っての海峡横断です。
人道トンネル県境
ちなみに9月1日から12月18日まで工事で通行止らしいので
バス・トラックで運んでもらえます。
待つかもだけど、歩き・押しの必要がなくて楽かも。

行く予定はなかったけど、
空気が澄んでいたので原付に頑張ってもらって火の山に登りました。
関門海峡大橋
(門司と下関のタワーって要る?って思いました。そんな眺望。)

海上交通の要を見下ろす位置なので戦争遺構も。
火の山軍事施設
(丁度出てきた所、こどもに「日本兵」といわれましたが、
聴こえないふりをしておきました。)

ちょっと見てみたかった川棚のクスノキにも立ち寄りました。
川棚の大クス
(樹勢が良く元気なクスの木で、寄って良かったと思いました。)

山陰って海がキレイ。人も少ない。
人少ない海水浴場
水着・ゴーグル・タオル(本当は雑巾)3点セット一応準備してたので、
泳ぐことにしました。
海水透明度
泳いでいる魚を撮りたかったのですが、、
白ギスの群れ
こんなんばっか。。。

それから角島に行って
角島大橋
灯台を見て
角島燈台
帰りました。

福岡在住ライダーの定番コースかもしれませんが、
原付ライダーは頑張って日帰りコースでした。

朝早く出発しましたが、帰りはがっつり暗かったです。

[YB−1 Four燃費 54.3km/L]