図書館からの帰り道に大雨に遭いました。

確かに雨降り覚悟で出かけはしましたが
予想を遥かに超える何じゃコリャレベルの雨でした。

なんせ元々つむってるような目をした私が「目を開けられない」と思うレベル。
想像を絶します。

これ以上濡れようがない飽和状態まで濡れたのは久しぶりでした。

ただこれだけ濡れても寒くなく春の訪れを感じました。


泣いてる?
(この時はまだ本降り前。)