スクーターで帰宅してふと見ると燃料キャップが無くなっていました。
そこにあるはずのそれが無いと少し可笑しくて大変危険です。

その少し前に燃料キャップがパカッてなってたのでその後の走行で本格的に壊れて飛んでいったのだと思います。
(まさか飛んでいくとは思っていませんでしたが。)

もちろん危ないのですぐに注文しました。
ビーノ燃料キャップ
(ただし社外品です。)

破損の理由は不明ですが停めて置いた場所やガソリン残量的にイタズラではないです。

キャップの一部はタンクの中で見つかりました。
ビーノ燃料キャップ2
(ネジが外れてバラバラになったのかな?)

ちなみに今回燃料キャップとメインキー・メットインキーがセットになった商品を買いました。
ビーノ燃料キャップ3
でも自分で交換できるのか不明。とりあえずはキャップだけ別カギってことで使っていきます。

すでに現行に無い2stビーノですが人気があった車種だけに社外パーツが豊富で助かります。価格だって安いです。

欲を云えばもう少し早く壊れてくれれば先ごろ交換したタイヤも一緒に安く手に入ってよかったのだけれど。

3点セット買ったお店バイクパーツセンター(自分用メモ)