子どものころにバス釣りのブームが起きました。
なので今でもたまーにルアーフィッシングをやります。

釣りの腕はさっぱりでほぼ釣れませんがこんな私でも割と簡単に釣ることができるのがブルーギルです。
ブルーギル1
ブラックバスがいるところには大抵いて水際で群れています。
基本的に小さい魚なので小さいルアーで釣ります。

普通は食べずそのまま逃がすのですが以前食べたブラックバスがおいしかったのでブルーギルも持ち帰ってみました。

が、持ち帰ったことを少々後悔しました。…くさい。 

ウロコ取ってくさい。アタマ落としてくさい。内臓出してくさい。三枚におろしてくさい。皮はいでくさい。

処理の段階で食べたくなくなっていましたが殺して持って帰ってきた責任があるので身をジャブジャブ洗って小麦粉をつけて焼きました(ムニエル)
ブルーギル2
うん。おいしい!身自体に臭いはないので大変おいしいです。

それに魚をさばく良い練習にもなりました。(普段料理しません。)
でも今度釣れたとき持って帰るかといえば「…」です。
特に近所の野池のブルーギルは。

ネットの記事によると清流四万十川のブルーギルは臭くないそうです。
四万十川のブルーギルならうまいのか

しばらく飼って食べれば臭いも無くなるかもしれませんが法的に問題ありだしそこまでして食べたいわけじゃないしなぁ(笑)

キレイな水で育った大物が釣れたら食べてもいいかなという感じです。

ブログに「釣り」のカテゴリーがあったのでちょっと書いてみました。