キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

YB-1 FOUR【更新終了】

原付小箱

荷台にハコを取り付けました。
ハコ付け
モノを入れるのが目的ではなく
シートと荷台の高さを合わせるのが目的です。
シート・荷台の高さ合わせ
これにより振り分けバッグがちゃんと載せられます。
バッグ水平取り付け
(ハコが無いとひどく後ろ下がりになるんです。)

とりあえず要らんハコをすぐ外せる形で取り付けましたが、
サイズが合うならもう少しちゃんとした物を取り付けたいです。

原付車載動画

カメラマウント(Ver 3.1)
原付カメラマウントver3,1

↓こんな感じに撮れてました。

(延々冗長動画が収録されていました)

ちゃんとした動画作るには大量の素材が要るのでは?
そもそも編集のやり方がわからない。

ファイルサイズは大きくてハードディスクを圧迫するし
動画に手を出すのはまだ早いって気がしています。

本庄の大クス

築上町のクスノキを見に行ってきました。

佐賀・武雄のクス(川古の大楠)と並んで日本第3位の大きさだそうです。
本庄の大樟
マイカーのプリウスと一緒に。

ウソです。いつものごとく原付です。
英彦山寒い
いや〜寒かった。英彦山周辺は気温一桁でした。

デジカメ充電されてなくて写真はほとんど撮れませんでした。
ハト銅像
ハトの銅像とか。

小学校の木とか。
人面植物
こんなんしか撮れんやった。。

170km弱の走行でしたが結構な疲労感。でもまた行きたいな。

<追記訂正>
巨樹・巨木林データベースというものによると
3位本庄の大クス、4位川古の大楠となってました。(楠部門)

ストレートのセール

工具店ストレートでバイクツールフェアをやっていたので買ってきました。

タイヤ交換道具購入
全部セール品なので安くゲットできました。 v(^^

以下買った商品です。

・タイヤレバー(¥500×2)
・リムプロテクター(¥400)
・ビードワックス(¥300)

どれもタイヤを交換するときに使うものたち。

いつかは原付のタイヤ交換できるようになりたいと思っているので
工具が安くなっているのを機に思い切って(という金額でもないけど)買いました。

ただタイヤの山はまだバリバリあるので
今回買った工具の出番は当分先のことになりそうです。


リアル店舗は初回カード発行費200円。セールは5月9日まで。

ストレート
http://www.straight.co.jp/

ヘルメット洗う

原付ヘルメットからなにやら不快な匂いがし始めたので洗ってみました。
買うときはなーんも考えてなかったですが外せる内装便利っす。

いやー快適。今度からは臭くなる前に洗おう!(笑)

で、その際ヘルメットの中を初めてまじまじ見ました。
おもいっきり発泡スチロールでなんだか安っぽかったです。
これじゃあ自転車用とたいして変わらんなーとか思ったりして。<OGKだし

でもそれは乗り物系ヘルメットの緩衝材として
発泡スチロールという素材が素晴らしいという一種の証明で
一流メーカーのAraiやSHOEIでもそれはきっと同じでしょう。(←違ったりしてw)


★ヘルメットを脱ぐとお花畑が広がります。
フローラルヘルメット
(原付乗ったあとは必ずちょっと幸せ。)

チャレンジ3000km

ヤマハのディーラー「YSP」に行って
イベントの申し込みをしてきました。

もちろんオートバイのイベントです。


内容は年末までに3000km乗るというもの。ぼんやりしています。
バンダナとステッカー
バンダナとステッカーをもらいました。

通勤でもツーリングでも何でもいいからとにかくバイクで3000km走ろう
という準備も気負いも必要ないゆるいイベントです。
がバイクイベント初エントリーなのでモチベーションは上がります。

そして申し込みから3000km以上走行したあかつきには
達成記念としてキャップがもらえます。





これです。
3000km達成キャップ
申し込んだばかりですが、すでに達成キャップ手元にあります。

何故なら申し込むときに
「なんなら今お渡ししましょうか?」と言われたもので。(笑)

難なく帽子ゲットできてうれしい。けどなんかちょっと悲しい。


YSP九州ではたくさん走った上位を表彰するみたいで
どちらかというとそっちのほうに力が入ってるみたい。

確かに正統バイク乗りに3000kmは易しすぎて面白みに欠けるかも。

私にとっては充分すぎる高きハードルなのだが。


「帽子のために」という大義名分は無くなってしまったが
マイペースでゆる〜く3000kmを目指したいと思う。

参加費1000円。ヤマハ車以外は2000円。もちろん原付も可。
詳しいことはこちらで。
YSP CHALLENGE 3000km TOURING 2010

温度計修理

「バイク付属の気温計が壊れていた」

こう書くと今どきのハイテクオートバイっぽくてカッコいいけど

画像化すると
YB温度計
まあこういうことです。

正確に言いなおすと、
「原付に貼り付けていたミニ温度計が外れていた」ですね。

ハイテクバイクは見事に消え去り色々残念な感じに…。

とにかく修理です!

今回は手軽にホットボンドで接着することにしました。
YB温度計ホットボンドで
修理完了。

ホットボンドの耐候性ってどうだろ?と思ってたので
良いテストピースになりそうです。

★原付ハンドル周りにはたくさんの計器類。
YBマルチメータ
そして貧乏臭い。(特に下二つ)

ウチから5キロの大冒険

知らない道は小さな新発見の連続。
ウチから5キロ
抜け道としては使えなかったけど未舗装路ってたのしいな。

(図書館からの帰り道がヤマってどんだけ田舎だよ。。)

佐賀空港

YS-11の公開が再開されたと聞き原付で佐賀空港に見に行ってきました。

久しぶりの運転でおぼつかない操作ながらも何とか目的地に到着。
佐賀空港看板

YS-11は空港に隣接している公園(空港公園)に展示されています。
YS-11全形
ちなみに私の原付はYB-1 4です。(正確にはYB-1 FOUR)

…どうでもいいこと書いたので少しは役に立ちそうなことを…。
[公開日]
・水、土、日曜日及び国民の祝日
 (国民の祝日に伴う振替休日や国民の休日も含む)
・小学校、中学校の春、夏、冬休み
[公開時間]
4月〜9月 午前9時30分から午後5時
10月〜3月 午前10時から午後4時
…………………………お役立ち情報終わり…………

塗装し直しているので現役の機体みたいです。超美肌。
YS-11塗装

飛行機雲日和でした。
YS-11ツラ
雲の主は皆素通りでした。

にしきのあきら調ピラピラ(ちょっとショボい)
にしきのあきら風

おっさんヒコーキとキッス。南くんの恋人的な。
YSとオジサン

操縦席。思った以上に狭かったです。
YS-11コックピット

客室。すごく狭いイメージ持ってたので逆に広く感じました。
YS-11客室

最後に一枚。
YBとYS
YS-11とYB-1 4 のツーショット←もういいって(汗)

せっかく来たので空港ターミナルの送迎デッキへ。(入場料100円)
佐賀空港送迎デッキ
でも送も迎も全然できませんでした。

旅客機ゼロ。飛行機飛んでこない。飛んでいかない。
暇そうな
空港の騒音問題はこれで解決!

しかも辺りは一面田んぼ。騒音対策マジ完璧!
佐賀空港管制塔
(たまたま行った時間が良ろしくなかったようです。)

牧歌的な風景とは裏腹に駐車場は超満員。
佐賀空港駐車場
(他にも駐車場たくさんあるから停められないということはないかと)

帰りに筑後川昇開橋に寄ったら工事中でした。残念。
筑後川昇開橋工事中
(工期:2009年7月30日から2010年12月10日まで)

<おまけ>交差点自転車くるくる。
自転車ぐるぐる
原付だからくるくるしませんでした。(自転車でもしないけど)

どんと来い雨!

短時間ですが雨の中を原付で走りました。

前回ブーツカバーを買ったので
私の装備はついに完全体です。
どんと来い雨!雨足は割と強く雨粒がどんどこぶつかってきますが、どこも濡れてこないので少し愉快でした。

雨の中を走っても濡れないということは、快適性は原付=クルマっっ!!と思いました(が云うまでもなくそれは間違いです。)

原付の細いタイヤはいっそう気を使うし、雨具を着るのは面倒です。

やっぱり雨はイヤー。

(雨の中を少し走っただけでブログに書くなんて原付乗ってない証左だなぁ。。)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ