キンリンブログ

自転車と原付メインの日記です。

YBR125K【原付二種】

ピンクで花見

小中学校の友人M氏と先日久しぶりに会った。

以前はフルカウルのオートバイに乗っていたが今はピンクナンバーのアドレスV125Gに乗っているらしい。

ピンクナンバー同士、昼からちょこっと花見に行ってきました。

★お花見のひとコマ。
花見
(M氏、肉を焼く。)

お花見といっても当然アルコールは無いし肝心の桜は遠くでぼんやり咲いてるだけ。(そもそも見てない。)

そこから抽出されてくるのは「おっさん二人で春のピクニック」という風な何ともいえない物悲しいもの。

レジャーシートが小さすぎて二人の距離が妙に近いなどおっさんピクニックに残念の拍車がかかるが相手のM氏だって同じ気持ちであったであろう。

とはいえ楽しかったのでまた機会があったら残念会(笑)やりましょう!M氏!

なんばん往来

テレビのランキングで一位になったさかえ屋のなんばん往来が安く手に入る(かもしれない)情報をテレビでやっていたのでYBRで行ってきました。

宗像の東郷駅近くのさかえ屋アウトレット店で規格外品を安く売っているというものです。

★見坂峠近くに猫のバス停があったのでちょい寄り道。
南蛮往来

すぐ後ろに猫塚。
南蛮往来2
設置された説明板によると凶暴な大ネズミがいたので和尚さんがかわいがっていたネコに退治を頼んだらネコが遠賀・鞍手・宗像から集結してやっつけてくれたけれどネコもいっぱい死んじゃったので建てたとありました。

ネコのネットワークはすごいなぁと思いました。
あと和尚さんはもっと頑張って欲しかったです。ネコかわいそうなので。

★大樟の看板が目に入ったのでちょい寄り道。(宗像市・光岡八幡宮)
南蛮往来3
ちょっと悪巧み顔に写ってしまった。スマヌ狛犬。
 
天気は良くなかったのですが神社は明るかったです。
南蛮往来4
樹勢も良く気持ちの良いクスノキでした^^
南蛮往来5
看板には目通周囲7m・高さ29.5mとありました。
南蛮往来6
クスノキはデカけりゃいいってもんじゃないと思います。
…デカいほうがいいけどさ。

そんな寄り道を経て到着。
南蛮往来7
意匠を凝らした少し懐かしい感じが団地マニア受けしそうです。

場所は東郷駅の先にあるサニーや郵便局のちょっと奥です。

お店の名前は「ミルクと卵」
南蛮往来8
店内に入ると入り口すぐになんばん往来ありました!

人気NO.1!来た甲斐あったv(^н^)v

今日の戦利品。なんばん往来6個入り315円。
南蛮往来10
うまい♪(他にもいろいろお得品があり買いました。)

でもよーく考えるとあるかどうか分からない出来損ないのなんばん往来を求めて時おり小雪がちらつく寒空を往復80km。(寄り道含)
南蛮往来9
…微妙っちゃ微妙っスね。

スイーツ男子には成れそうにありませぬ。

HID取り付け失敗(笑)

タオバオで買っていたHIDをYBRに取り付けました。でタイトルどおり失敗しました。

一応書くね!

…まずは取り付け方がさっぱりなのでインターネッツを。(私の場合大抵ここから。)

YBRと同様の中華バイクGZ125HS(コマロ)乗りの多くがHID化されていて参考になりました。
参考になりましたというかマンマそれ見て作業しました。エヘ。

コマロ乗りの中にはヘッドライトのHID化どころかLED化されてる方もいて開拓精神(人柱精神?)があふれていますね。

がんばれコマロ乗り!そして私に有益な情報を!(汚い俺。)

さて、こちらが買っていたHIDです。
hid1
パッケージはヤマハMT-01。(一切関係は無いと思われ。)

中身はこんな感じ。とりあえず繋げられるのは繋ぐ。
hid2

HID化に当たって必要になるのはこれ。配線コネクター。
hid3
ホームセンターナフコで4個入・298円ナリ。

この商品を使ってヘッドライトの配線から分岐させた線にHIDの線を繋ぎます。
元の線が生きているのでHID化した後も簡単に純正の電球に戻すことが出来ます。

なので「絶対元には戻さない!」という人は必要ないということになります。

(余談ですが配線コネクターを買ったその足でダイソーに行ったら似た商品が6個105円で売ってました。無念。)

で、これがHIDの線。この線とヘッドライトの線を繋げます。
hid4
青線をローに白線をハイに。

私のYBRの場合ですがヘッドライトが黄ロー・緑ハイ・黒アース(マイナス)だったので青と黄・白と緑という組み合わせの繋ぎになりました。

ギボシが付いてなかったので取り付け。
hid5
ヘッドライトの線にギボシを付けて直接繋げてもよいのですが、

前述の配線コネクターを使用。
hid9

こんな感じ?
hid8
コネクターで線をパチンと挟みます。被覆がちょっと傷付くです。

こちらが分岐用に準備した線。細い!(汗)
hid6
頼りないですがヘッドライトとHIDの配線を橋渡ししてもらいます。

なのでコッチにもギボシを付ける。
hid7

結合。反対側は配線コネクターと接続。(やっぱり細い。。)
hid10
賢い人が「電流がほにゃららなので線の太さはこれくらい必要だっ!」といった風に線の太さを決めてるはずなので同等の物を使わないとマズイ気がします。

特によく分からない人は>俺。

そして最後にバッテリー端子とHID端子を合体。
hid11
バッ直!(←今回覚えた。)

やった光った。第一段階クリア。
hid12

では取り付けに掛かります。まずはバルブを…。

ちょっと曲がってるけどこれが正常です。
hid13
ハイビームにするとピョコンと動いてまっすぐになります。

ゴムのカバーをちょっと切ったことを除けば無加工です。ぽん。
hid14

謎の四角いケースを収めるべくタンクまで外す。(←単に外してみたかった。)
hid15
タンクの下のフレームにうまく設置できるかもという目論見もあったのですがちょっと難しいような気がします。
表現がぼやけているのはガソリンが満タンで重くてちゃんと検証できなかったせいです。

こいつらどうしよう。
hid16
うーん。
hid18
とりあえずこんな感じにしてみようかな。
hid17
(一応緩衝材のぷちぷちに包んで設置しました。)

で、こんな感じ。
在りし日のHID
純正に比べ青白い光で光量もアップしています。

ただし乗ってみた感想は配光がビミョーだなぁという印象です。

照らしている路面以外にも光が拡散しているようでローなのにずいぶん先の道路標識が反射して光ります。
眩しいライトは人を不愉快にさせるし他人の視界を奪うので避けたいです。

いったん元の純正に戻したほうがいいかなぁなどと考えていたら…あれ?HIDが点かなくなりました…。

おーーいHID。。(察した?)

都合1〜2時間の点灯時間だったと思います。とりあえず一番怪しい細い線とヒューズだけは確認しましたがそこは問題ありませんでした。

HIDの不具合か私の作業ミスか分かりませんが(どちらも大いに有りうるw)今は純正のレトロ電球に戻しています。(配線コネクターぐっジョブ!)

取り付け出来なかったけどHIDを(ちょっとだけ)体験できたし作業は面白かったのでやって良かったです。

接触不良などの可能性もあると思うのでもう少しゴニョゴニョしようと思います^^

デゴイチ

個人的に蒸気機関車といえば「D51」です。

子どものときSLのプラモを作りましたがD51でした。
いろんなプラモの箱絵のなかでD51が一番かっこよかったのです。

そんなデゴイチが直方(のおがた)市に置いてあるそうなのでYBRで見てきました。

で、さっそく直方・遠賀川。
直方デゴイチ
父娘が凧揚げしてました。

ヤギもいました。ユキちゃん。
直方デゴイチ2
(後ろの建物は直方市役所。)

人懐っこいヤギでいっぱい触れました。これは近寄ってくるとこ。
直方デゴイチ3
(あとはずっと触ってたので画像が無い。)

道草はほどほどにデゴイチへ。
直方いこいの村って所にあります。

直方デゴイチ4
…あの黒い影は。

デゴイチだぁ。
直方デゴイチ5
元々ぼろぼろになっていたのを有志の方が手を入れて現在の状態に。(ウェブ調べ。)

デジカメのHDRという機能で撮りました。
直方デゴイチ6
(明るい空と暗い汽車が両方とも撮れるようカメラが何度かシャッター切って合成する。)

クルマみたいに正月飾りが付けられてます。
直方デゴイチ7
(最近やる人少ないね。)

メカカッコイイ!
直方デゴイチ8
(それってフツーじゃん。)


福智山ダムというのが近くにあるので寄ることにしました。

すると「成人桜」というものが。成人の日になんというサプライズ!
直方デゴイチ9
石碑には「昔、新成人に桜を植樹させたけど木が年を取ってきた。上流にダムが出来て建設業者が植樹代を出してくれた。ありがとう。」みたいなことが書いてありました。もしかしたら間違って覚えてきたカモですが何だか微妙な話です^^;

★そのダム。
直方デゴイチ10


ダム周回路ってくねくねしてて面白いですね。一方通行ですし。
見通し利かないし歩行者いるからスピードは出せませんが。

ダム脇の階段。
直方デゴイチ11
途中で絶対嫌になる。


100kmちょっとの走行でしたが最後はやっぱり寒かたです。

ダイソーパンクキット

本来315円のようですが105円に値下げされていました。
ダイソーチューブレスパンクキット

補修材が工具の中に収納できます。
ダイソーチューブレスパンクキット2
ちなみに補修材は別売りになります。元々持っていた補修材を入れました。

出先でパンクしても修理できるように自転車で使っていた携帯空気入れと一緒にYBRに積んでおこうと思います。
最近乗っていないので出番は来ないと思いますが…。

ナックルガード

ちょっと付かんかなぁ…と思っていたタオバオのナックルガードですが付きました。
ナックルガード
ハンドルの端とハンドルの根元の曲がった所で固定。
ナックルガード2

ブレーキのボルトはいったん緩めて角度を変えました。
ナックルガード3
緩めた状態で誤ってレバーを握ってしまいフルードがちょっと漏れました。
(大丈夫かな…。)

線たちをまとめる黒い留め具は邪魔なので切りました。
ナックルガード4

バーエンドの方は斜めっております。
ナックルガード5

右側も斜めって干渉してアクセルが動かないのでグリップの端を切りました。
ナックルガード6
けっこう無理やりです^^;
ナックルガード7

本来オフロードバイク用みたいなのでバイク的に言うとYBRに取り付けるのはおかしいことなのかもしれません。

でもYBR=実用車ということならば
ナックルガード9
快適=正解だと思うので。

まぁ見た目的には無い方が好きですが。
ナックルガード10
というかノーマルが一番好きです…。

実際乗った感じでは
ナックルガード寒
手袋付けると分からないので素手でちょっとだけ乗りました。

それとタテコウがライトアップされました。
ナックルガード12
(あまり関係ない感じですみません。)
ナックルガード13
期間限定なのでネ。

ぜんぶオートで撮っていますが色味が違う画像もありました。
ナックルガード14

それとメーターのバックライトは4つともLEDになりました♪
ナックルガード15
(1つだけ純正電球で色の違いが気になっていました。)

クラッチレバーも曲がったやつから新品に替えたけどナックルガードで見えなくなって意味無かった気がします。。

EMS到着

中国から荷物が届きました。
EMS1
メインはバイク用品です。

箱を開けると4個の荷物が入っていました。
EMS2
4店舗で注文したので一旦中国で集結して私の元へ届いたのですね。


以下タオバオで買ったものです。


YBRのクラッチレバー 10.00元(155 円)
クラッチレバー
以前YBRを倒して曲げてしまったので。


YBRのステップのゴム2個 5.00元(78 円)×2
ステッブゴム2個
以前YBRを倒して傷つけてしまったので。


以上二つが欲しかったものです。
ついでに購入したものついでに書きます。


T10のLEDウェッジ球 13.00元(202 円)
中国LEDt10
現在YBRのメーターバックライト4個中1個が非LEDなので…。
バックライトには充分使えそうな明るさでした。(ポジ球に付けて確認。)


テールライト用LED球 15.00元(233 円)
中国LED青テール
白を買うつもりでしたが間違って青を注文してしまいました(笑)
試しに点けてみましたが明るさがかなり暗いです。
テールライト時とブレーキランプ時の明度の差もほぼありません。
元の電球を取り付けなおしました。


リムステッカー 5.00元(78 円)
リムステッカー
黒ホイールだからあまり目立たないかも?気が向いたら貼ります。


ハンドガード 80.00元(1,240 円)
ハンドガード
取り付け無理っぽいかなぁ〜と注文しましたがどうも無理っぽい気がします。

ハンドガード風防オプション 30.00元(465 円)
ハンドガードオプション
確実に取り付けられるタイプも別に購入しておけばよかったです…。


バイク用HID 75.00元(1,163 円)
中国HID
ちょっと検索した感じ私には取り付けが難しそう…。
説明書の類も入っていませんでした。
放置決定!(役立たずですんません。)


マルチフューエルストーブ 195.00元(3,023 円)
中国マルチフューエルストーブ
ちゃんとしたメーカーだったら燃料ボトルしか買えない値段です。

裏面です。
中国マルチフューエルストーブ2
ガス缶も使えます。(マルチフューエルストーブ=いろんな燃料が使えるコンロ。)
箱にはホワイトガソリンと書かれていたのでレギュラーガソリンを使うと詰まってしまうかもです。


ガス缶変換小物 10.00元(155 円)
ガス缶変換
アウトドア用のガス缶って高いです。

これを使えばカセットコンロ用が使えるようになります。
ガス缶変換2
もちろん自己責任になってしまいますが…。


とりあえず火は点きました。
マルチフューエルストーブテスト
(ガソリンはまだ試していません。)


折りたたみの箸 16.00元(248 円)
折りたたみ箸
箸先が収納可能です。


脚に付ける防寒具 32.00元(496 円)
びんぼっちゃま防寒
ちょっとびんぼっちゃまくんを連想してしまいます。


温度計付オイルゲージ 19.00元(295 円)
オイル温度計
ゲージ長が長いものと短いものがあります。

そして間違えて注文しました(笑)
オイル温度計比較
あぁうっかり。右が純正です。

構造的に雨の浸入が少々心配です。
オイル温度計バラ
でも取り付けないので心配ないです。<強がり。

自転車用の手袋 35.00元(543 円)
中国自転車手袋
私の手に合っていたので良かったです。
破れやすい手の平は二重に補強されていました。


インナープロテクター 67.00元(1,039 円)
プロテクタ表
普段着の下でひっそり安全性を高められれば…。
と思いましたがバブル期を超える勢いで肩がイカり狂います。
もこもこのダウンジャケットを上に着れば多少違和感が少なくなる気がします。

亀仙人風の背中プロテクターはファスナーで着脱可能です。
プロテクタ裏


以上が今回注文した全てです。


注文した商品をあまり覚えていなかったので箱を開けている最中
友達からもらったたくさんのプレゼントがいちいち自分好みの物…みたいな不思議な感覚になりました。

実際は自分で買って忘れてるわけですけどね(哀)
でもコレなんで買ったんだろ…という物も多少ありました。

===自分メモ===
商品代金9772円
中国内・EMS送料4886円(6.5kg)
振込み手数料210円×2  

計15078円
==========

自分のうっかりはありましたが注文した商品が全てきちんと届いて良かったです^^

タオる。

YBR乗り御用達(?)のグッズエイトさんを介して中国からお荷物輸送中。

あーたのしみ♪
タオる
そしてふあーん(笑)

ちなみにタオバオで注文したのはクラッチレバーとステップのゴムです。<補修部品。

…地味(´・ω・`)

時計をカギに

先日YBRに時計をつけましたが一週間くらいで取れてしまいました。
ビーノ駆動系6

ということでバージョン2。外れた時計をカギにつけました。
カギに時計を
この方法だと駐車時バイクに時計が残りません。

ただしフツーに時計をつけてしまうとカギをポッケに入れたときモッコリして邪魔になります。
前車YB-1 FOURのカギでも同じようなことをして役に立たないわりに邪魔だった記憶があります。

なので今回小さな蝶番を使ってスリムになるようにしました。
カギに時計を2
カギに時計を3
(微妙?)

仕上がりはハンドメイド感たっぷりです。(リベッターがあればよいかも。)
カギに時計を4
あと裏蓋に穴を開けたので水が浸みて時計が壊れるかもしれません。
カギに時計を5
400円だったのでまぁいいですが…。

実際にカギを挿すとこんな感じです。
カギに時計を6
時計の視認性は良好だと思います。

最後に無駄に動画で。

ブレーキペダル位置調整

ブレーキペダルの位置がもう少し下のほうが好みなので調整しました。

ですがYBR125Kには調整機構がありません。
リアブレーキ調整
ネジで挟んで下げ。

普通のワッシャだと厚みの差で上手く挟み込めなかったので
リアブレーキ調整2
自転車のリアディレーラーのワイヤーを留めるスモールパーツを使いました。

ゴミみたいなものでも捨てずに取って置くとたまに役立ちますね^^
リアブレーキ調整3
ちょっと引っぱったくらいでは取れなかったけど大丈夫かな?
ワッシャが曲がっているのは試行錯誤の跡です(汗

ブレーキのアソビとブレーキランプの点灯調節をして作業を終えました。


(余談)釣具の箱が殺風景なのでステッカーとか無いかなぁ…と。
リアブレーキ調整4
摩オモ4下糸…? YBR買ったときくれたやつ貼ってみました。


なんだか中華臭がすごいです…。(日本製なんだけどなこの箱)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ